2月中旬から鞆の浦一帯で第16回鞆・町並ひな祭が開催されました。このお祭りのイベントの一つである「太田家住宅のお庭公開」(3月3日(土)、10日(土))に、メディア・映像学科の中嶋教授がプロジェクションマッピングの協力者として参加しました。以下、中嶋教授からの報告です。


 2月初旬に、ひな祭り実行委員長の岡本様より「太田家住宅のお庭公開」に合わせて酒蔵の壁面を利用したライトアップ等のイベントを行いたいとの打診があり、プロジェクションマッピングを提案したところ、企画を一任されました。私と 共同で研究を進めていて、プロジェクションマッピングにおいて実績があり、東京にもクライアントを持つ「バディーズ・クリエイト」代表の高尾さんと相談し、中庭奥の2面に投影することが決まり、さらにプロジェクションマッピングを盛り上げるため、クラシックコンサートを併せて実施することになりました。

 屋外コンサートに相応しいイントレを組み、夜間ではあるが壁面までの距離が長いため、6700ルーメンという驚異的な輝度を持った大型のプロジェクターを2台設置しました。

バディーズ・クリエイト代表の高尾さん
足場のセッティング

  友人の広島在住のソプラノ歌手、松岡美菜子さん(エリザベート音楽大学卒業後ザルツブル音楽院留学、広島市内で積極的にコンサート活動を行なっている)および伴奏のギタリスト川本秀史さん(エリザベート音楽大学卒業後ザルツブル音楽院留学)にクラシックコンサート出演をお願いしました。

松岡美菜子さん(左) と 川本秀史さん(右)

 なお、プロジェクションマッピングで酒蔵の壁面に投影された映像はメディア・映像学科の壇上君の作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です