ウチガイトです。

大学図書館主催のブックハンティングというイベントにゼミで参加をしてきました。
今回は事前に学生から希望分野をリサーチし、業者が選んだ売れ筋の本をハンティングするという流れでした。

希望分野の事前調査


 

部屋に並べられた本をあれこれと手に取り、中身のチェックをすすめます。
こちらが思った以上に学生たちは今回の選書に興味をもったらしく、
図書館の職員によると、時間が過ぎても読みふける学生がいてびっくりしたとのこと。

学生の活字離れは最近に限った話ではないですが、本を読む中で鍛えられる力はあります。
多様なメディアがある時代だからこそ、大学図書館の役割は大きいわけで、
こういったイベントの中で図書館や様々な蔵書へアプローチしてくれるといいなぁと思います(´ー`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です