こんにちは。

8月5日に実施されたオープンキャンパスの様子をご報告します。

今回のオープンキャンパスでは「キャッチコピーをつくる」ワークショップを行いました。ワークショップの内容は

「キャッチコピーとは、広告・告知などに使われる短めの文章のことです。身近なものを題材に実際にキャッチコピーを考える活動を通して、コピーは単なる説明のためだけではなく、新しいイメージをつくりあげたり、 興味をわかせたりという効果があることなどの実感してもらいます。」

という感じです。

まずは担当の内垣戸准教授から、キャッチコピーについての説明が行われました。

その後、参加者にお菓子が配布され、今回のワークショップのメインである「お菓子のキャッチコピーを考える」作業が始まります。とはいえ、いきなりキャッチコピーをつくるのはとても難しいので、まずはお菓子のパッケージを見たり、実際に食べたりしつつ、そのお菓子のイメージを「イメージマップ」を用いて視覚化していきます。

視覚化されたイメージをもとに、各自がキャッチコピーをつくりました。今回参加されたみなさんは非常に面白いキャッチコピーをうみだしていました。当日は作品のいくつかをピックアップして紹介していたのですが、そのときの写真がありませんでした、、、

キャッチコピーづくりのあと、メディア・映像学科学生の作品紹介を行いました。

次回のオープンキャンパスは8月19日です。クレイアニメ制作のワークショップを実施予定です。

メディア・映像学科に興味のある方はぜひオープンキャンパスにお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です