図書館の見学

ウチガイトです。

通常であれば入学後早い段階で行っていた図書館見学ですが、対面授業が再開されたことで、やっと実施できました。

図書館は大学生にとってすごく重要な場所です。ネットで何でも調べられる時代ですが、玉石混合なネットと違って図書館に所蔵される図書は大学での学修に不可欠です。

メディア・映像学科では制作が1つの柱になっていますが、「制作には図書館とか本とかあまり必要なさそう」というイメージがあるかもしれません。いやいや、とんでもない。制作というのは、そこにメッセージを込めて行うものです。作品を介したコミュニケーションなのです。

コミュニケーションは非常に複雑な行為ですが、それは様々なメディアとふれあっていく中で体感し、その肌感覚を知っていくものです。図書もその1つで、言語や図書という形でまとめられた「作品」に触れることが重要なのです。そして、そこに書かれている中身そのものも知識として必要なことは言うまでもありません。もちろん卒業研究やレポート執筆にも図書館はもってこいです。

1年生はこれからの大学生活の中で幾度となく図書館を使うことになると思いますが、そのために必要なことを図書館司書の方々に教えていただきました。思う存分活用して欲しいなぁと思います(´ー`)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です