ウチガイトです。

6月2日の教養ゼミは7号館のプロジェクトラウンジを使って行いました。

大学に入学して約2ヶ月が過ぎ、それなりに落ち着いてきた頃。高校との違いもいろいろと見えてきたのではないでしょうか。そんなタイミングで行ったのが「自分の大学をよくよく考える」という深淵な?テーマでのディスカッションです。

CIMG8346

この2ヶ月で気づいたことや気になったことなどをあれこれ書き出し、各グループで整理。最終的には「よりより大学生活のためにどんなことがあるとよいのか」という大層深淵な?お題について考えてもらいました。

CIMG8359

いろんな意見がでてきました。自然豊かな学内にもかかわらず「公園が欲しい」という意見もありました。学内の使いやすさや居心地を考える上で貴重な意見かもしれません。ちなみに写真の「鳥の数を増やして欲しい」というのは、学内にある池に放たれている白い鳥のこと。「もう少し仲間がいた方が寂しくなさそう」というようなことのようです。癒やしが増えて勉学にも励める!ということでしょう。

なんにせよ学生たちのリアルな思いがでていたかなと思います。すべてのことがすぐに変えていけるわけではありませんが、自分たちで変えていけそうなところには是非に手を突っ込んでみてください。「自分たちが関わっていける」ことが大学で学ぶことのおもしろさですよー。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です