こんにちは。安田です。
先日行われたオープンキャンパスの様子と、次回の内容について少しご紹介します!

7月2日のオープンキャンパス(見学会)でメディア・映像学科では、学生による作品紹介と、写真を並べて映像をつくる!体験授業を行いました。

学生による作品紹介では、毎年学生が応募して入賞している、ACジャパンCM学生賞の出品作品紹介から、現在取り組んでいるムービーの制作過程や作品紹介などを。

こんな撮影風景について、苦労話を交えて語ってもらいました
後半の映像制作体験は、写真を選んで映像にしていく…のですがその前に、「漢字一文字で自分をあらわす」ワークショップです。
「愛」だそうです。在学生の作品。誰でしょう…

映像をつくる体験では、写真を選びながら、ストーリー(ごく短いものですが…)を考えていきます。

学生がフォローします
映像編集ソフトはAdobe Premiere、映像制作のプロの現場でも多用されているソフトです
学生たちは普段使い慣れているのでサポートにも自信が感じられ・・・るような!
作品を鑑賞!
手を動かしながら映像にまつわる様々なことを体験してもらいました。写真を並べるだけで映像になるのですか?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、これが意外なほど映像「作品」としてみることができるものになるのです!!

メディア・映像学科のオープンキャンパスでは、このように、実際の映像制作の一部を体験して、作品を作ってもらいながら、学科の教育や学生の活動を紹介していきます。

次回7月17日の体験入学会では、クレイアニメの制作にチャレンジしていただきます。
映像に興味があるけれど、、、手先には自信がないという方も大丈夫。粘土遊びの延長で作品を作ってしまいましょう。
<クレイアニメ>といわれてもピンとこない方もおられるかもしれませんが、海外の映画『ウォレスとグルミット』など、独特の質感が魅力的な作品がたくさんありますので、どこかで必ずご覧になっているのではないでしょうか。なにより、アニメーションの原理と映像作品の楽しさを一気に感じることができると思います!現在の3DCGアニメーションや、2Dのアニメの核心部分にも触れることができるかもしれません。きっと、普段見慣れている映像がもっと楽しくなるのではないでしょうか。

7月17日もぜひどうぞ。そして、その後もどんどん新しい内容が続きます。ぜひチェックしてみてください!

(ためしに作ってみたらなんだか微妙になってしまいましたが・・・・ぜひどうぞ)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です