学生ブログライター2号

この学科ブログ、基本的に学科教員が書いていますが、学生さんに執筆に参加してもらう「学生ブログライター」という企画を始めています。先日、学生ブログライター1号の高田さんが自身の卒業制作について記事を書いてくれました(記事はコチラ)。

今回、学生ブログライター2号として、3年生大場さんに登場してもらいます。大場さんは「第19回ACジャパン広告学生賞」の新聞広告部門で「優秀賞」を受賞したので、このことについて記事を書いてもらいました。


大場唯那と申します。メディア・映像学科に在籍していて、この4月から4年生になります。この学科では、1年生でメディアなどに対する知識を積み上げ、2~4年生で実践的な演習などを行うカリキュラムとなっており、3年生の講義ではグループや個人で映像を制作しました。
私がこの学科を選択したのは、広告の制作などに興味があったからです。また、広告だけでなく、映像やCG、ドローンなどの技術を幅広く学習できることも決め手の1つでした。グループで制作を行うこともあるので、自分たちで計画を立てて作品を完成させるという体験ができるのも、他の学科にはない魅力だと思います。

この度は、第19回ACジャパン広告学生賞の新聞広告部門で優秀賞を受賞させていただきました。この作品は、3年生のメディア発展実習という講義で制作しました。この講義では、これまでメディア・映像学科で学んだことを活かし、広告だけではなくCG映像やドローンに関する授業が行われます。広告制作を行う期間では、ACジャパンの学生広告賞に応募することを目標に、課題をいくつかこなし、講評をもらうことで自身のスキルアップを目指しました。自分の作りたい物とスキルの差に悩むこともありましたが、YouTubeなどの講座を見ることや、先生からアドバイスをいただくことで納得のいくものができたと思います。

今回受賞させていただいた作品は、「選挙」をテーマとし、特に現代の投票率の低さに着目したものです。テーマが見る人に簡潔に伝わるよう、シンプルさにこだわって作成しました。普段から思いついたことはスマホにメモするようにしており、今回はここから案を出しました。私自身、他の応募者に比べ、制作ソフトの操作が特別優れているというわけではないので、日常でひらめいたことをできるだけ丁寧に表現しました。また、新聞に掲載されることを想定した広告だったので、適切なフォントや大きさを選択することに苦労しました。先生に何度かアドバイスをいただき、形にすることができました。

今回の受賞で自信にもつながったので、今後は、ACジャパン以外の公募にも積極的に応募してみたいと思います。

民放onlineに寄稿しました!

日本民間放送連盟が運営している『民放online』というサイトに、「テレビの未来 立ち止まって想像する 静岡大学・国立科学博物館共同企画展 『テレビジョン技術のはじまりと発展』を訪ねて」というレビューを寄稿しました。

https://minpo.online/article/post-250.html

記事の内容は、2022年12月13日〜2023年2月5日まで、東京の国立科学博物館で開催された「テレビジョン技術のはじまりと発展」を実際に訪れて、そこからテレビの過去と現在、そして未来をどんなふうに考えられるのか(考えたら良いのか)ということを書きました。

既に共同企画展は終了してしまっているのですが、こうしたメディアに関する企画展やイベントは日本全国でさまざまに行われています。長期休みを使って、ぜひ実物を見る学習に取り組んでほしいな〜と思います。

また、民放onlineには「民放で働く」(https://minpo.work)をはじめとして、大学生(就活生)にも有用な情報が発信されています。よかったら、ブックマークして日々更新される情報に目を通してみてください。

まもなく2023年度がスタートです。新入生の皆さんは、心躍らせながら新生活の始まりを楽しみにしていることでしょう。在学生の皆さんは、生活リズムを休みモードから授業モードに戻しておいてください。

イコールふくやま講座に登壇しました

先日、イコールふくやま講座でお話させていただく機会がありました。「SNS発信の落とし穴~安全に情報を伝えるために~」というタイトルで、ネットでの炎上事例などを含めたSNS界隈の最新事情などが主たる話題でした。

イコールふくやま講座では、2年前にも同じようなテーマでも機会をいただいており、今回はその後の状況といった側面もありました。特にここ数ヶ月、SNS発端の迷惑動画騒動が続いており、世間の興味関心も高まっていたこともあってか、思った以上の参加者でした。

もうすぐ新年度に入るというタイミングで、環境が変わるという方も多いのではないかと思います。春になり気分的も上がりがちですが、こういうときにはちょっと注意が必要かもしれません。SNSに投稿した新生活のことから個人情報が漏れてしまったり、他の人の権利を侵害してしまったりといったことは十分に考えられることです。楽しく、また有意義な使い方でできるように今一度自分の立ち振舞いを見直す機会にしたいですね。

春の見学会

 3月18日(土)に「春の見学会」が開催されました。「春の見学会」とは3月開催のオープンキャンパスのことで、福山大学のキャンパスに大勢の高校生が集いました。
 メディア・映像学科では、学科説明+学生作品紹介の後、「クイズにはコミュニケーションのコツが隠されている」をテーマとした模擬授業の体験が行われました。

「クイズにはコミュニケーションのコツが隠されている」では、参加者全員がそれぞれ”クイズをつくる”活動を行い、それらと関連付けて”他者に情報を伝える行為”コミュニケーションについて考えました。

クイズをつくる

模擬授業「クイズにはコミュニケーションのコツが隠されている」の様子

(笑)→www

 関連付けた話題として、”www”と”(笑)”を使って世代間の体験・認識の相違についても考えました。

 高校生・保護者のみなさま、ご参加、ありがとうございました。夏の3回のオープンキャンパスでは、新たな体験ができるよう、毎回、異なる内容で実施します。学科ブログなどで内容をチェックしてご参加ください。

学科教員が制作したCGがNHKの番組で使用されます!

メディア・映像学科の中嶋健明教授が制作した「広島市の大地震被害想定CG」がNHK総合の「コネクト」で使用されます。放送は3月10日の19時半からです。ぜひご覧ください。

■2023年3月10日(金)19:30~19:55<中国地方向け>

 NHK総合「コネクト」南海トラフ巨大地震 中国地方の意外なリスク

 出演:小野文恵アナウンサー他

 HP:https://www.nhk.jp/p/ts/L1Z6VNNQ6P/

令和4年度 業界説明会の開催

こんにちは  学科就職委員のつつもとです。

福山大学主催の業界説明会が、2月16日(木)、17日(金)、20日(月)の3日間開催されました。

会場は、16日、17日は福山大学の大学会館、20日は福山ニューキャッスルホテルです。参加した企業は約500社です。

今年は、まず大学会間で2日間の説明会を実施しました。

説明会会場の入り口

多くの3年生が参加しています。

大学会館ホールの会場

メディア・映像学科の3年生も企業から話を聞いています。

興味のある企業のブースで話を聞いています

メディア・映像学科の3年生、頑張っています。

就活、頑張るぞ

20日、福山ニューキャッスルホテルでの業界説明会

業界説明会の入り口

この日も多くの学生が説明会に参加しています。

ホテルでの業界説明会

メディア・映像学科の3年生も頑張っています。

3年生は、いよいよ本格的な就活が始まりました。

学生たちは、業界説明会で興味を持った企業にエントリーして内定を目指します。

頑張れ、3年生。

第9回ドキュメンタリードラマ研究会だん

2023年2月4日(土)の立春に,すごい皆さんと研究会を催しました。
今回のブログでは,第9回ドキュメンタリードラマ研究会について書きます。

日本映像学会には20の研究会があります。
2015年から研究会を開催してきたドキュメンタリードラマ研究会は,
日本映像学会の中では珍しいテレビ番組を中心に取り上げる研究会です。

第9回の今回は,『アメリカ横断ウルトラクイズ』と『世界ウルルン滞在記』の
制作に携わられていた白井博さん(テレビマンユニオン取締役副会長)と
保坂久司さん(テレビマンユニオンディレクター)をお呼びして,
今野勉さん(テレビマンユニオン最高顧問)と共にディスカッションを行いました。

日本の放送史及びテレビ史に名を刻む皆さんの横に並んで,
テレビっ子の私は研究者の仮面なんて放っぽり出して
好き勝手話してきました。
番組制作の秘話をお聞きできたのはもちろんのこと,
当時はほとんど意識されていなかったジェンダーのことまでお話しできて大満足でした。

また研究会で発表する予定があるので、ご報告しようと思います。
(ああああ〜準備頑張らなくては〜〜〜)

保育園の発表会の映像配信

メディア・映像学科3年生3名とスマートシステム学科3年生1名が、地元の保育園で開催された発表会のYouTubeLIVE配信に協力しました。指揮を執ったメディア・映像学科3年の松原さんから、当日の様子が届きましたのでお伝えします.


当日は朝5時に起床、機材の最終チェックを行いました。

その後、他のスタッフを車で拾いつつ、会場の保育園に向かいました。8時ごろに保育園に着き、すぐに機材のセッティングとリハーサルを行いました。

発表会の様子は掲載できませんが、発表会終了まで、大きなトラブルもなく、無事に任務を完了することができました。

今回の配信で良かった点は、2022年10月に開催された福山大学キャンパスイルミネーション点灯式の配信の経験を活かすことができたことと、保護者の皆様へ配信の案内を手厚く行うことができたことです。その結果、多くの方にLIVE配信をご覧いただくことができました。反省点は、やや安請け合いをしてしまったため、準備不足で臨んでしまったことや、当日来場されていた保護者の皆様へのあいさつ・撮影の説明が不十分であったことなどです。
今後も、こういった学外での活動に積極的に取り組みたいと思っています。


メディア・映像学科では、地域の商店街の活性化に協力したり、学生自身が地元映画館での映画上映会を企画・運営するなど、学科の授業で体得した知見を地域のなかで発揮する機会を多く設けています。今回の活動も、学生にとって非常に有益な経験になったのではないでしょうか。

なお、松原さんはドローンの免許も取得しており、これを活用して「福山大学薬学部開設40周年の記念動画」の撮影にも協力しています。記念動画はコチラからご覧いただけます。ドローンの映像は1:40くらいからです。

学生のブログライター1号

以前のブログでビブリオバトルに参加した3年生・髙田さんのことを紹介しましたが、その時の言葉による表現活動が彼女にとって大変刺激になったようで、文章を書いて表現する活動にも取り組んでみたいと私のところに相談に来ました。ならばということで、主に学科教員が執筆しているこのブログに、髙田さんにもライターとして登場してもらってはどうかと思いついたのです。

せっかくですから、まずは彼女の自己紹介から。

■■■■■

髙田結衣と申します。私は現在、メディア・映像という学科の3年生に在籍しています。メディアの歴史やカメラの扱い方、グループでACジャパンの広告学生賞に応募するCMを作成したり、自分でドラマを作ったり、様々なことを学科で学んでいます。

私がこの学科を選んだのは、メディアを深く学んでみたいと思ったからでした。小さい頃から文章を書くことが好きだった私は、作文などの文字を使って人に情報を伝えることが得意でした。そこから映像等などの文章ではないメディアにも深く興味を持ったのがきっかけです。そして今は卒論卒業研究・卒業制作としてゲームを制作しています。

私はゲームが大好きで、自身でゲームをプレイするだけでなくYouTubeでゲーム実況を検索しては様々な動画を見る毎日を送っていました。そんな中、先輩が卒業制作でゲームを制作していると知り、自分でもゲーム制作にチャレンジしてみたい!と思い、去年の4月からゲーム制作に取り組んでいます。私が今制作しているゲームの種類は2Dのドット絵RPGゲームと呼ばれるタイプのものです。3Dのゲームが主流な今、2Dのドット絵ゲームって何?と思われる方が多いのではないかと思います。2Dのドット絵ゲームは、簡単に言うと初代マリオや初代ポケモンなどのようにピクセルで描いた絵が平面上で動くゲームのことです。

時代が進み3Dゲームへと移行している今、なぜ2Dゲームを作りたいと思ったのか。ゲームを制作しようと決めた際に、3Dゲームと2Dゲームを比べ、3Dになくて2Dにあるものは何だろうと考えてみました。私はプレイヤーが想像して楽しむ力だと思ったのです。3Dのゲームはアイテムやマップなどリアルに描かれており想像をしなくてもゲームを楽しむことが出来るのですが、それに対して2Dは全てのイラストがドット絵で描かれています。そのためアイテムの細かい姿・形をプレイヤー自身で想像する余地があるのです。そんな2Dのドット絵ゲームのメリットを活かして、プレイヤーの想像力を掻き立てるようなゲームにしたいと思い2Dで作ることにしたので

「あなたの操作で主人公の未来が変わる」

今回制作するゲームのコンセプトです。異世界に迷い込んだ少女の脱出劇を今回のゲームとして描くのですが、ストーリー上多くの分岐が存在します。プレイヤーはその都度選択を迫られますが、結果、様々な解釈ができるそんなゲームにしていくつもりです。

キャクターデザイン、物語の構成、マップやアイテムの配置などゲームを制作する上でやらないといけないことが沢山あるのですが、その中で私が最も大変だと思うことはプログラミング、この一択です。授業内でしか触れたことのないプログラミングは、インターネットで調べながら、先生に聞きながらなんとかちょっとずつ・・・。本当に大変な作業で気持ちが折れそうになるときもあるのですが、自分の思い通りにゲームが実行されたときには楽しさがこみ上げてきます。これから就職活動も本格的に始まりとても大変ですが、今年の冬までに自分の実力を全て出せるように頑張りたいと思います。

そして、これからメディア・映像学科の学生ブログライターの1人として、学生目線で学科の情報をお伝えしたいと思っています。よろしくお願いします!

■■■■■

髙田さんがこれから執筆する記事に期待したいと思います(´ー`)

Winter Fieldworkだん!

冬季休業に入る前日,授業終了後に新幹線に飛び乗って,翌日から東京都港区にあるNHK放送博物館と横浜市にある放送ライブラリー,そして鎌倉市で開催中の「鎌倉殿の13人 大河ドラマ館」と川喜多映画記念館でフィールドワークしました。

放送博物館では,ラジオ塔に関する内部資料を調査したのですが,その棚の前をいつも通り過ぎているのに,初めて目に止まった「NHK営業総局」の文字。

これまでの調査で,ラジオ塔は計画部(後に企画課)が建設していることはわかっていたのですが,その部署が現在どうなっているかまでは突き止められていなかったので,まさかNHK営業総局が関わっているとは思いもしませんでした。しかし,なぜかこの日だけは気になったNHK営業総局の文字に惹かれてページをめくってみると,今まで発掘できていなかったラジオ塔の写真が掲載されていたのです(すぐに「日本の古本屋」で注文したことは言うまでもありません。高かったー!)。今回はこれ以外にも,NHK旧友会の会報の中に博士論文を執筆している頃から探していたテレビドキュメンタリー制作者の回顧録が見つかり,テレビドキュメンタリーは教育局が作るべきものであり,報道局が作るなんてとんでもない!と考えられていた証拠が見つかりました。帰りはもちろん愛宕神社の「出世の石段」を使いました。経営者や起業家がよくこの階段を登ってお参りしています。野望をお持ちの方はぜひ!

そして放送ライブラリーでは「障害」をキーワードにテレビドキュメンタリーを検索して,いくつかの番組を視聴しました。ここでは新たに気づいたこととして,障害児のケアを行ってきたのは多くが女性であり,男性がそこに参加している姿はほとんど記録されてこなかったと言うことです(作業療法などの指示を出す姿はありますが、実際は何もしない…)。この辺りを今後どのように分析すべきかはじっくり考える必要がありそうです。

それから,大河ドラマ館と川喜多映画記念館では資料の展示方法やアーカイブの仕方などを調べてきました。大河ドラマ館は大賑わいで,あまり一つひとつをじっくりみることはできませんでしたが,ドラマの枠を超えて現実世界でもドラマの世界を楽しもうとする人々の姿を見ることができたのは大きな収穫でした。こうしてまとめてみると,神奈川県にはメディアを研究する施設がたくさんあるので,映画について調べたり,テレビやラジオ,新聞について調べたりすることが簡単にできます。メディア環境の違いを考えることもメディア教育と繋がっていくのかな…と思った年末のフィールドワークでした。